内視鏡医/後藤 佐代子医師

日本内科学会認定専門医
◎日本消化器内視鏡学会専門医
◎日本人間ドック学会認定医
女性の大腸がんが増えており、部位別の死亡率では1位です。早期発見できれば大腸がんは治る病気です。当院では女性スタッフのみでの内視鏡検査を実施しています。ご希望に沿って麻酔を使用できますし、個室での前処置も可能です。40歳以上の方、若い方でも家族歴や症状がある方、あなた自身とあなたの大切な人のために、是非健診を受けられてください。
 

 
午前 - - - -
午後
- - - -

午前/胃内視鏡検査  午後/大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の流れ


検査前日

◎水分は多めにとってください
夕食は夜9時までに済ませておいてください。
お薬はいつも通りに内服してください。抗凝固剤(血液サラサラの薬)についてはかかりつけ医にご相談ください。
夜9時頃にピコスルファートナトリウム1本全量をコップ1杯の水に滴下して飲んでください。

検査当日朝

◎朝からは何も食べないでください。
◎水分(水、お茶)をできるだけしっかりとるようにしてください(下剤の効果をよくするため、脱水予防のため)水・お茶以外の水分摂取は控えてください。
血圧や心臓の薬は服用されてかまいません。
通院中でおくすり手帳をお持ちの方はご持参ください。


受付・更衣をします

健診センター入口から入られますと、正面に受付カウンターがあります。
来院されましたら、まず受付にて各種手続きを行います。
その後、更衣室にて検査着に着替えていただきます。
更衣室にはロッカーを準備していますので、脱衣した服や貴重品はロッカーへ入れて鍵をおかけください。


専用個室での前処置室

前処置室で約2ℓ下剤を飲んでいき、腸の中をきれいにしていきます。その後、便が出そうな感覚が出てきますので、その都度トイレに行ってもらいます。専用個室では、トイレ・シャワー室を完備しプライバシーに配慮しています。またリラックスできる作りになっています。
その日の予約状況や便の状態にもよりますが、検査開始はお昼前後となります。


内視鏡室にて検査開始

大腸内視鏡検査は、女性の医師、スタッフが対応いたしますので、
初めての方でも安心です。
検査では、肛門から内視鏡(カメラ)を挿入し、大腸から小腸末端・盲腸まで観察します。
大腸の長さは個人差はありますが、1.5~1.7mで、そのほとんどが結腸と呼ばれています。内視鏡から空気を出したり抜いたりして、腸をアコーディオンのように縮めたり伸ばしたりして、カメラを進めていきます。腸が長かったり、お腹の手術歴がある方は、軽い痛みを感じることがありますが、お薬を使って痛みを緩和することもできますのでご相談ください。

【鎮静剤の使用を希望される方】

検査当日は交通事故防止のため、自動車・バイク・自転車等の運転ができませんのでご了承ください。

【大腸ポリープが見つかった場合】

当センターでは検査のみとなりまして、大腸ポリープが見つかった場合も切除は行わず、他医療機関への精密検査依頼書を発行させていただきます。


検査後の説明

内視鏡検査結果を、担当医が説明致します。
「今回の内視鏡検査の結果」、「生活習慣をどのように気をつけたらよいか」「次回いつ受けたらよいか」などお話いたします。
 不明な点や疑問点等ございましたら、何でもご相談ください。
 


※ご家族様の特定健診につきましては、直接お電話にてご予約を承っております。戻る◀


 
医療法人社団敬愛会  
健診センター佐賀  
〒849-0917 
佐賀県佐賀市高木瀬町大字長瀬1167番地2 
TEL0952-20-5511 
FAX 0952-20-5522